【三太郎式エクセルマクロ成功法】大量データのパソコン作業が一瞬で終わる!

xlsmacro

>>公開は終了しました<<

Excelマクロ」に悩まされた経験はありませんか?

会社や学校で動いているExcelマクロが正常に動かなくなったけど、作成者がいないので修正が
できないといった状況は珍しくありませんし、Excelをバージョンアップしたらマクロが正常に
動かなくなったといったケースも多いのではありませんか?

もちろん、手作業で行っていたら膨大な時間がかかる内容でも、Excelマクロを使うことで一瞬
のうちに終わらせることができると言ったメリットも忘れてはいけません。

そこで、なんとかExcelマクロを覚えようと思って勉強し始めたのはいいけれど、入門書を書店
で買ってきて読んでいても、さっぱり内容が理解できずに困っていませんか?

世の中にある数多くのプログラミング言語の中で、Excelマクロで使用している「VBA」という
名前のプログラミング言語は簡単な方だと言われていますが、プログラミング未経験者にとって
は、とてもじゃないが簡単とは思えないシロモノだと思います。

初心者がExcelマクロを習う上で、
必要のないことは勉強してはいけない

というのは、パソコン講師の三太郎さんです。

三太郎さんが言う「必要のないこと」の筆頭だとして提示しているのは、難しいカタカナの専門
用語です。

具体的に言えば、プロシージャやメソッド、プロパティなどといった言葉のことです。

Excel入門書では用語説明などの形で最初の方に書かれている事が多いと思いますが、真面目に
勉強しようとするほどに泥沼に陥ってしまいかねない危険な内容だと三太郎さんは指摘します。

こんなカタカナ言葉を知らなくてもExcelマクロのプログラミングは可能だと言ったら驚くので
はないでしょうか?

三太郎式エクセルマクロ成功法で学習すれば、この言葉の意味がよくわかります。

このページの先頭へ