【ビーチバレー15分上達プロジェクト】運動音痴でも「努力と根性」不要で上達!

b-vollay

>>公開は終了しました<<

最近は、従来型の「スポ根アニメ」を見かける機会はめっきり減りましたが、ひたすら努力と
根性の精神論だけで成長していくという練習スタイルが非効率なことが最新のスポーツ科学で
明らかになってきた
というのも背景としてあるのでしょう。

しかし、世界トップレベルのスポーツ指導者は別としても、学校やアマチュアレベルの指導者
の中には相変わらず「スポ根」世代が大量にいますし、学ぶ側にも精神論が刷り込まれている
世代が存在します。

このため、いくら練習しても上達できなければ、その人の精神力が弱いとか基礎能力が低いと
いった具合に、その当人の問題だとして「腐ったリンゴ」の例えで組織から排除をされたり、
さらなる長時間練習を強要されるといったケースがいたるところで見られます。

ビーチバレーの場合は1チーム2名と少ないことから、身体能力やスキルが試合結果に直結する
こともあって、あなたの場合は、ゲームに出ても負け続けたり、そもそも試合に出場すること
さえできない状態かもしれませんね。

しかし、本当に上達するには、毎日の「地道な努力」と、苦痛を乗り越える「根性」が不可欠
な要素だと言えるのでしょうか?

もちろん、本を読んだり、寝ているだけで上達できるなどと考えている怠け者は論外としても
苦労せずに上達できるのは運動神経が元々優れている人だけと思っているのであれば、あなた
は大きな勘違いをしている
かもしれません。

というのも、あなたは今までに相当量の練習をしてきたと思いますが、どれだけ上達しました
か?

自己満足のレベルではなく試合結果などの実績が残る形での上達となると、非常に厳しいので
はないでしょうか。

毎日、厳しい反復練習を繰り返しているだけでは、今後も上達するのは不可能といってもいい
でしょう。

きつい練習を続けていると怪我をしやすくなりますし、反復練習は単調になりやすいことから
モチベーションの維持が困難ですから、練習量の割には上達しないのです。

このページの先頭へ