【ラグビー上達革命】弱点から解決できるラグビー練習法

rugby

button

ラグビーの練習をしていて、なかなか強化することができずに弱点のまま残っているポイント
ありませんか?

弱点を解消したいと思って練習に取り組んでいるのはいいとしても、なかなか強化できないので
練習メニューを変えたいが、どうすればいいのか分からないので、今までどおりの練習を続けて
いるのかもしれません。

慶応義塾大学のラグビー部でヘッドコーチを務める、元日本代表選手の野澤武史さんは、練習を
するだけでなく、「どうやるか」を知らなければ解決できない問題も少なくない
と指摘します。

つまり、練習すれば上達できるので自然と解決できる問題もあれば、知識がなければ練習だけを
続けていても解決できず、知識があれば一瞬のうちに解決できる問題というのも存在するという
わけです。

ラグビーで必要とされる「動作」というのは知らなければできないものばかりです。

その動作の「コツ」というのは、創意工夫をしながら自らの経験や知識、カンなどを総動員して
独自に編み出すか、別の人から教わるしかありません。

その中でも、別の人が知っていることを膨大な時間をかけて自ら創りだそうとするのは、誰しも
与えられた時間の使い方の中でも極めてもったいない話です。

自ら考える力を身につけることが重要だという考え方の指導者もいるかもしれませんが、独力で
膨大な時間をかけて動作を考えている間に、その動作を学んで練習する方が更に他の動作も身に
付けるチャンスも得られるわけです。

せっかくの上達できる機会が、あまりに遠回りをすることで奪われているわけですから、何でも
自力で見つけさせようとすることが正しいとは思えません。

そこで、ラガーマンが陥りやすい弱点を中心に、強化するための練習法を野澤さんが動画形式の
マニュアルにまとめました。

それが「ラグビー上達革命」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ