【社労士試験にゼロから短期一発合格する坪式学習法】半年で合格?

button

社会保険労務士試験(社労士試験)に合格するために必要な学習時間として、全くの未学習者
の場合には1000時間から1500時間は必要
だというのが一般的な意見です。

学生や無職、会社経営者、専業主婦などで、試験勉強だけでも問題ないという生活を送っている
のであれば、1日10時間勉強する場合には週1日休むとして半年程度、会社員などで空き時間や
休日をフル活用して勉強するのであれば、最低でも1年程度は必要です。

しかし、資格学校で社労士試験の指導を行っている社会保険労務士の坪義生さんは、平日は1日
2.5時間、休日は1日4時間の試験勉強で、未学習者でも半年後に合格ラインを超えることが可能

な学習法が存在すると言います。

多忙で学習時間を確保するのが難しいのであれば、準備期間を長くすれば1日あたりの学習時間
は短くて済みますし、休日の学習量を増やすことで帳尻を合わせるといいでしょう。

いずれにしても、通常の半分程度の時間で社労士試験に合格できる学習法というのは、いったい
どういうものなのでしょうか?

社労士試験の基本書に書かれている内容を全て覚えるのは時間の無駄だと坪さんは言います。

しかし、社労士試験では、どこから出題されるかはわからないから、全て覚えておくのが適切と
いう指摘をするかもしれません。

坪さんは、このような発想を全否定した上で、これまでの出題実績の分析から、出題分野・項目
には明確な傾向や偏りが存在するため、出やすい所から勉強をすればいい
とアドバイスします。

毎年のように出題される過去問の出題分野を中心に勉強をすればいいと思うかもしれませんが、
それだけでは社労士試験の合格ラインを超えることは出来ません。

坪さんは独自の方法を用いることで、あなたも来年の出題傾向を論理的に正しく予想することが
可能だといいますが、「社労士試験にゼロから短期一発合格する坪式学習法」を読めば、簡単に
わかるようになります。

それ以外にも、社労士試験で短期間で合格するために標準テキストや参考書、問題集の選び方や
勉強の進め方など、具体的に説明していますので、迷うこと無く試験対策を進められます。

社労士試験にゼロから短期一発合格する坪式学習法では、勉強法だけでなく、モチベーションの
保ち方や、やる気がでない時の対策など、メンタル面のケアについても説明しています。

途中でヤル気を失って、結局、試験日までに準備が間に合わなかったということにならないため
にも重要なポイントです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ