【社交ダンスのリズム練習法】ダンス指導者も理解できていない場合が多い!

s-dance

button

社交ダンスでペアを組んだパートナーと息が合わずに苦労していませんか?

練習を重ねても思い通りのダンスが出来ない状況が続くと、パートナーとの相性が悪い
とか、自分自身のリズム感のなさを嘆いたりするわけですが、実は社交ダンスにおける
基礎中の基礎を教えていない指導者のせい
だと指摘をするのは、ダンス講師の菅原眞由
さんです。

菅原さんは、ダンスを教わる生徒に対する指導を行うだけでなく、ダンスを教える立場
にある講師向けの指導も行っています。

その中で、社交ダンスの基礎中の基礎も教えない講師が多い現状を目の当たりにした事
から、すっかり頭を抱えているというわけです。

その社交ダンスの基本中の基本とも言えるのが「リズム」です。

ステップや身体の動きばかりを教えていて、リズムについては全く教えていないという
指導者が実に多いのです。

「あなたは本当に生徒をうまくする気はあるのか?」
と愕然とした経験が何度もあったと菅原さんは振り返ります。

リズムというのは、きちんと教わらない限り、いつまで練習を続けていても上達しない
といったケースは決して珍しくありません。

リズムというのは、練習を重ねるうちに自然と上達できるものではないからです。

そこで、あなたがダンス教室で教わっている指導者がリズムもまともに教えられないと
いう残念な人だったとしても、自宅リズム感を上達することができるように、菅原さん
がDVD動画講座を作成しました。

それが「社交ダンスのリズム練習法」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ