【藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック】ロングパットでも安心!

button

ティーショット、アプローチが順調だったとしてもパッティングが不安定だと、スコアアップ
は難しい
ものです。

せっかくパーオンできたのにも関わらず、3パット、4パットと叩く状況ではシングルどころか
100切りするのは不可能でしょう。

パットで調子を崩してしまうと、その後のホールでティーショットなどにも悪影響を与えかね
ませんので、ズルズルとスコアが悪化する結果になりかねません。

日頃から、パターマットやゴルフ練習場に付属するグリーンなどを使ってパッティング練習に
取り組んだり、パッティングに関するレッスンを受けても、なかなか上達しない状況ではない
でしょうか。

ティーチングプロの藤井誠さんは、2009年に日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード
優秀賞を受賞していますが、パッティングを上達することが難しい理由として、以下の3点を
あげています。

  • グリーン上には傾斜が存在する
  • グリーンでの立ち位置はボールと並行にならない
  • カップインするという心理的なプレッシャーに負けてしまう

これらの問題を解決するために、藤井さんが推奨するパターテクニックが存在します。

藤井さんは「マグネット・パターテクニック」と呼んでいますが、15メートル以上のロング
パットであっても確実に2打以内にカップインできる
という強力なパッティングテクニック
です。

藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック」で学べば、藤井さんが提唱するマグネット
・パターテクニックをマスターすることができます。

わからないことがあればメールサポートで解決できますので、心配することはありません。

【詳細を開く】

このページの先頭へ