【100切るゴルフ!楽々指南書】1日3分の自宅練習で実現可能!

button

アマチュアゴルファーの多くが目標とするのが、スコア100切りです。

スコア100というのは、標準的なコースでは28オーバーに相当しますので、各ホールをボギー
前後で終えることができれば達成できるわけですが、ボギーオンも出来ないという状況のまま
では厳しいというのが実情です。

そこで、スイングを改善したり、コースマネジメントに取り組んだりという具合に努力をして
も、なかなかスコアが改善しない
のではないでしょうか。

100を切るゴルフアドバイザーの山下裕司さんは、小難しいゴルフ理論や小手先の何とか対策
などを実践しなくても、今のあなたのスイングのままでも100切りを実現する方法は存在する
といいます。

この方法をまとめたのが「100切るゴルフ!楽々指南書」です。

「100切るゴルフ!楽々指南書」の中で、手打ちになっているのを矯正するだけでも、スコア
アップを実現するには十分だと山下さんは言います。

手打ちがなくなるだけでも、スライスやダフリ、アプローチでのミスは激減しますし、ティー
ショットのヘッドスピードも上がりますから、今よりも遠くまでボールを飛ばせるようになり
2打目以降が楽になることからスコアアップが実現できるというわけです。

手打ちを止めるための練習法として、山下さんが推奨するのは鏡の前で1日3分素振りをする
という、ゴルフ練習場にさえ行く必要がなく、自宅などで手軽に実践できる練習法です。

これだけでも、1週間も続ければ、スイング自体が変わってくることを実感できます。

その後、コースマネジメントなり、具体的なスイング練習に取り組むことで、練習した効果が
今までよりも出やすくなりますので、100切りどころか、調子が悪い日でも2桁スコアとなり、
ベストスコアはシングルというのも夢ではなくなります。

【詳細を開く】

このページの先頭へ