【ピアノ指・習得プログラム】最短2時間で10本の指の動きが飛躍的に良くなる!

piano

button

ピアノ演奏で最も難しい点といえば「指の動かし方」ではないでしょうか。

手が小さいので全ての鍵盤に指が届かないといった悩みを抱えているかも知れませんし、
中指・薬指・小指は神経がつながっていることもあって、ついつい指がつられてしまって
思い通りに鍵盤を叩くことが出来ないといったケースもあるでしょう。

教本を使って、ひたすら練習を繰り返していても中々思い通りに指が動かせないといった
状況だと思います。

しかし、練習量を単に増やすというだけではピアノ演奏を上達するのには不十分だと指摘
するのは、吉野康弘さんを始めとする国立音楽大学卒の4名のピアノ演奏家兼指導者です。

いずれも、私立国立(くにたち)音楽大学や国立(くにたち)音大附属高校・中学校で、
教諭や講師として生徒を指導している方々です。

というのも、思い通りに指を動かすトレーニングというのはピアノを演奏するだけでなく
スポーツ感覚で体操やストレッチを行ったり、日常生活の中でも行えるからです。

「ピアノを使用しない練習」が存在するなどとは想像もしなかったかもしれません。

もちろん、あなたが演奏したい曲を練習するためにはピアノが必要であることは言うまで
もありませんが、ピアノを使った練習でも、教本を繰り返し演奏をすることだけが唯一の
方法ではありません。

さまざまなリズムパターンや速さなどを変えて何度も練習することで、さまざまな曲にも
対応できるレベルのスキルを自然と身につけることが可能となります。

それでは、具体的に、どのような練習をすればいいのでしょうか?

吉野さんら4名の講師陣は「ピアノ指・習得プログラム」というマニュアルに練習内容を
まとめました。

つまり、あなたの自宅などで好きな時に学習して実践することが可能になります。

【詳細を開く】

このページの先頭へ