韓国語が「できる、話せる、覚えられる」に変わるカギとは?

change

button

韓国語(朝鮮語)のハングル文字、発音変化や文法の難しさに頭を抱えていませんか?

韓国国内では、「漢字」を日帝残滓として廃止しようという動きが一般的ですが、ハングル
だけでは使い勝手が悪いこともあって、漢字を復活させようという動きがあるわけですが、
ハングル自体は今後も使い続けることは間違いありませんので避けては通れません。

韓国語を全く知らない日本人からすれば、似たような記号にしか見えないハングルを覚える
だけでも一苦労でしょうし、その上、発音や文法が一見すると複雑怪奇にしか思えない事も
あって、真正面から取り組もうとすると韓国語をマスターするのは困難です。

そこで、韓国語を教えている太田諭さんは「レバレッジスピーキング・メソッド」という、
従来の韓国語学習とは全く異なるアプローチを考案しました。

レバレッジスピーキング・メソッドのポイントとなるのが、日本語と韓国語の共通点と相違
点、および、韓国語の仕組みです。

一見すると全く異なる言語のように思える両者ですが「韓国語の仕組み」を理解することで
日本語と似たようなはたらきをする部分は無理に暗記をしなくても、あなたが持つ日本語の
知識を応用させれば済むようになります。

また、韓国語の単語を一つ覚えるだけで100以上の表現ができるようになると知ると驚くの
ではないでしょうか?

必死になって大量の単語や文法、発音変化を丸暗記する必要はなく、「韓国語の仕組み」を
身に付けることに時間をかけたほうが効率良く上達することが可能になります。

【詳細を開く】

このページの先頭へ