【野球ピッチャー上達革命】流した汗の量の分だけ上達するというのは大間違い!

bb-pitch

button

上達するためには練習することが重要だ

野球の世界であれば、誰しも必ずと言っていいほど聞いた言葉でしょう。

当然のことながら、練習もロクにしないで上達できると思っていたら大間違いです。

まともに練習もしないで、生まれつきの才能だけでプロ野球に入った結果、身体故障を
起こして全く使い物にならなくなったり、先発したら毎回のように打たれ続けるという
(元)天才投手というのは、最近でも思い当たり事例があるのではないでしょうか。

しかし、必死になって練習に取り組んでいたら誰もが上達できるかというと、必ずしも
正しい訳ではありません。

毎日、誰よりも長時間にわたって、必死に練習や体力作りをしているのにも関わらず、
それこそ天性の才能だけでのし上がってきた投手よりも劣るケースは珍しくありません
し、無理な練習で体を壊して復活できずに挫折するといった場合も多いのです。

血と汗を流しても、全て無駄に終わるという理不尽な結果になることは現実の世界では
決して珍しいことではありません。

しかし、少年野球の時期であれば生まれ持った才能や能力がなくても、自分の潜在能力
を活用することで先発ピッチャーや勝利ピッチャーになれますが、それには条件があり
ます。

それは、トレーニングメニューを最適化することです。

走りこみでスタミナを付けて下半身を固めてから、フォームを身体に覚えさせるために
ひたすらピッチングの練習を行えばいいというのは、昔から行われている練習内容では
ないでしょうか。

昔から続けている練習メニューを惰性で続けているというだけでは、効率良く上達する
ことはできませんし、精神論や根性頼みの長時間練習というのは、特に成長期において
は悪い影響を与える場合が多いのです。

それでは、どのような練習をすればいいのでしょうか?

【詳細を開く】

このページの先頭へ