【バックの名人】自動車の駐車や車庫入れを上達するポイントは2つだけ!

back

button

あなたは、乗用車を駐車するのは得意な方ですか?
それとも苦手な方ですか?

教習所でも車庫入れや駐車を学ぶ機会がありますが、教習員が教習所内のコースにある駐車
スペースに教習車を入れる際の位置とハンドルの動かし方を教える程度だったと思います。

このため、とてもじゃないですが、教習所のカリキュラムだけで車庫入れや駐車が上達する
というのは無理があります。

教習所のカリキュラムの中で駐車や車庫入れが軽視される理由としては、事故を起こしても
運転手の人的被害が少ないからです。

もちろん、物損で経済的に痛い目にあったり、幼児が車庫にいたために事故に巻き込まれて
死亡するといったケースも考えられますが、運転中に人を轢くのと比べて、駐車や車庫入れ
の場合は低速ですから、すぐに急停止もできるので人身事故が起こりにくいのです。

とはいえ、スーパーの駐車場に車をとめるのに、隣に止まっている車にぶつけてもいいわけ
ではありませんし、斜めに駐車して数台分の駐車スペースを1台で埋めてしまうというのは
論外ですから、きちんと車を止められるようにならなければいけません。

そもそも、自宅や、あなたが借りている車庫に車を入れられなければ話になりませんから、
正確に駐車や車庫入れができないと車の運転はできないといっても過言ではありません。

一般的に、自動車を運転していれば、駐車や車庫入れは自然とできるようになると言われて
いますが、自動的にできるようになるわけではなく苦手な人はいつまでたっても苦手なまま
という状態も珍しくありません。

そこで、自動車教習所で指導員をしていた経験のある自動車運転工学研究所の細川一夫さん
が、車庫入れや駐車が苦手な人でも簡単にできるようになるポイントを2個教えます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ