【柔道・上達革命】子供目線でのトレーニングこそが上達の秘訣!

judorevo

button

「柔道というと悪いイメージしかない」
という人が増えていますが、柔道自体が悪いわけではありません。

なんでも混ぜこぜにしてバッシングするのは簡単ですが、旧来の「しごき」ありきの柔道指導
では、なかなか上達しないケースも珍しくありません。

旧世代の暴力的で理不尽な柔道指導しか受けられないという状況であれば、特に子供の世代に
とっては逆効果にしかならない場合も珍しくありません。

萎縮しますので怪我も増えますし、精神的な痛手も大きくなるものです。

その上、少年柔道の場合、体格差や身体能力が試合の勝敗を左右するケースが大きいことから
とにかく体を大きくすることが重要といった誤解も広まっています。

もちろん、適当に手を抜いて、お気楽に柔道を愉しめばいいといったものでもありませんし、
柔道などの武道を結果を重視するスポーツ化することはおかしいといった意見もありますが、
だからといって暴力を振るっても構わないというわけではありません。

本来、柔道というのは生まれ持った才能や体格などが乏しい選手であっても、潜在能力を活用
することによって試合に勝つことができるという懐の深い競技です。

柔道指導者の田口教継さんは、旧来型の指導者からの締め付けが中心の指導スタイルではなく
子供目線で潜在能力を引き出す指導が必要
だと指摘します。

具体的に、どのような稽古を行えばいいのでしょうか?

小難しい柔道理論を無理矢理押し付けたり、精神論中心で負荷の高い無理な稽古を続けても、
心身ともに成長しきっていない子供の段階では壊れるだけです。

そこで、田口さんは「考えやすくてシンプル」というポイントをあげました。

【詳細を開く】

このページの先頭へ