【クレバー・コミュニケーション】1ヶ月で頭が切れる「おもしろい」人になれる!

clevercu

button

例えツッコミ」を日常会話でも使いこなせるようになると、コミュニケーションがスムーズに
行えるようになるものです。

ツッコミとかボケは漫才師がやることであり、一般人には一切関係のない話だという考えの人も
いますが、堅苦しいだけの人とユーモアが適度にある人とでは、どちらが好かれるかは言うまで
もないでしょう。

また、笑いを生み出す人といっても、人を貶めて冷笑するといった下品な笑いもあれば、機転の
きいた知的な笑いというのもあります。

うわさ話や欠席裁判で他人を腐して笑わせたいと思っているのであれば、特にトレーニングなど
必要なく、下種なネタ集めを行っていれば山のように集まってきますし、会話自体は盛り上がる
としても、あなたの評価が急降下することは間違いありません。

やはり、人を小馬鹿にして笑いを取るというのは、見ていて気持ちいいものではないからです。

その一方で、知的な笑いを創りだそうと思えば、やはり頭を使います。

反射神経的に口から出せるという人は、生まれつきの才能を持っているか、相当なトレーニング
を受けているケースがほとんどです。

素人がいきなり笑わせようと思っても、すぐに口から出てくることはないからです。

そこで、コミュニケーション・コンサルタントの山崎秀隆さんが、笑いのトレーニングを受けて
いない人でも直ぐに結果を出せるように「今すぐ反応が取れるフレーズ集」を作成しました。

それが、「クレバー・コミュニケーション」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ