【クロールの習得法】年齢不問!畳の上の水練でカナヅチからの水泳マスター!

crwal

>>公開は終了しました<<

畳の上の水練」というと、理屈や方法を知っているというだけでは、実際には役に立たない
ことをたとえた言葉ですが、全くの無駄だと切り捨てるのは早計です。

なぜならば、シミュレーション学習として水泳のフォームをチェックしたり、イメージ学習と
いう観点で考えれば役立つことも少なくないからです。

教習所では、自動車を使って教習を行うだけでなく教室で座学を行いますし、実際に車に乗る
前にシミュレーションマシンを使うことが一般的ですが、これも自動車に乗らないから無意味
なトレーニングだというのには無理があります。

必要性があるからこそ、実習の前に知識(理屈や方法)を身につけているのです。

水泳が苦手なカナヅチな人は、とにかく水に親しんで泳ぎ続けることが上達するのに必要など
と言われますが、闇雲に水の中に入っただけでは、かえってトラウマになるだけといった結果
に終わることも珍しくありません。

公営やスポーツクラブなどのプールで練習していても上達しないというのは、独学では十分な
知識が身につかないからです。

スイミングスクールに通えば、カナヅチなんて短期間で解消できると思うかもしれませんが、
指導者一人に対して数多くの生徒がいる上に、決められたカリキュラムを消化するだけという
ところが大半ですから、十分な指導を受けられずに落ちこぼるケースが大半です。

日を追うごとに出遅れていきますから、行くのが恥ずかしくなって辞めてしまうのです。

これでは、いつまでたっても水泳が上達することはありません。

そこで、水泳の個人指導を行う「スイスイクラブ」で代表を務める門垣祐平さんが、畳の上の
水練ではありませんが、クロールを一人で泳げるようになるのに必要な知識を身につけられる
DVD動画教材
を作成しました。

このページの先頭へ