【網野式動詞フォーカスフランス語入門】フレーズ丸暗記では上達に限界がある!

france

button

XX個のフレーズを覚えれば日常会話は簡単マスター
といった外国語教材が増えています。

たしかに、使われることの多いフレーズをいったん覚えてしまえば、単語を入れ替えることで
さまざまなケースで応用することが出来ますが、このような感覚的な外国語学習法では限界が
ある
と指摘をするのは、10ヶ国語翻訳者の網野智世子さんです。

感覚的語学学習法に頼りきっていると、フレーズ以外の会話が出てきた場合に対応することが
できなくなります。

新たなフレーズを覚えればいいといった事を繰り返しているとキリがありませんし、応用幅も
限られてきます。

網野さんは、このような感覚的語学学習法ではなく、論理的に文章を組み立てていくことで、
さまざまなケースで応用ができるようになるといいます。

しかし、このように書くと、無味乾燥とした文法の勉強を延々としなければいけないと思って
うんざりした気分になるのではないでしょうか。

受験勉強のように文法の勉強をするとなると、どうしても退屈に感じるものです。

そこで、網野さんはフランス語の柱ともいえる「動詞」を中心とした独自のフランス語学習法
を考案しました。

それが「網野式動詞フォーカスフランス語入門」です。

日本語は動詞の地位が非常に低いという世界的に見ても珍しい言語であって、名詞や形容詞が
動詞的な役割を果たすことも珍しくありませんが、英語やフランス語は動詞がなければ文章が
成立しないというほどに強い役割を果たしています。

だからこそ、英語とフランス語は似たようなものだから、勉強しやすいのではないかと誤解を
しがちですが、大きな間違いです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ