【保育士試験科目別リベンジセット 子どもの食と栄養】重箱の隅をつつく難問もクリアできる!

hoikusi

button

保育士試験の中で、難関科目として常に上位にいるのが「子どもの食と栄養」です。

「子どもの食と栄養」といえば「日本人の食事摂取基準」(食事摂取基準)と言われる位に
繰り返し出題されていますし、「授乳・離乳支援ガイド」からの出題も少なくありません。

食事摂取基準は5年に1回のデータ更新が行われますので、現在は2015年版からの出題に
なっています。

改正直後は通常よりも多くの問題が出題されるというのが保、育士試験で見られるパターン
ですから、今まで以上に身につける必要があります。

「子どもの食と栄養」の科目で合格しようと思えば、この2つを外すことはできません。

それ以外にも、各種栄養素の種類や機能、日本食品標準成分表、食に関する各種法規、更に
「子どもの保健」の科目にも含まれる食事と疾病の関係などを網羅しておかないと合格する
のは困難です。

これらの大量の内容を勘違いする事なく正確に覚えないと正解を導き出すことはできません
ので、「子どもの食と栄養」の科目の合格率が低いのも当然と言えるかもしれません。

そこで、保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」では無味乾燥な文章や表を
丸暗記しようとするのではなく、問題演習を中心としたアウトプット型学習で効率良く習得
することを目的としています。

しかし、過去問や問題演習を行ったり、頻出事項を個別に覚えるというだけでは、断片的な
知識しか身につかないので、試験対策としては不十分だと思っていませんか?

食事摂取基準や授乳・離乳支援ガイド、各種法令などは、それこそ全てを丸暗記していない
と対応ができないことも少なくありません。

保育士試験科目別リベンジセットでは重要な資料とポイントをピックアップした、「栄養に
関する各種資料ダイジェスト版
」で、このような不安に対応しています。

全文が必要な資料については無駄に削る事なく収録していますので、メリハリの付いた構成
になっています。
このため、少ない学習時間でも効率良く修得することが可能です。

【詳細を開く】

お知らせ

保育士試験リベンジセットは全科目に対応しています。
以下の各リンクより詳細を確認して下さい。

⇒社会的養護
⇒子どもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒児童家庭福祉

また、保育所保育指針のマスターに特化した教材もあります。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

一問一答形式の補助教材も有効活用してください。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

このページの先頭へ