【電験三種試験専用数学基礎講座】出題範囲の高校数学を8時間で総復習!

denken3mt

>>公開は終了しました<<

電験3種試験で欠かせないのが「数学の知識」です。

計算できなければ解答できない問題が数多くありますから、数学ができないというのは致命的
でさえあるわけですが、基本的な数学の知識があやふやなままでは解法を丸暗記したとしても
応用問題が出てきた時に対応できなくなることも珍しくありません。

逆に言えば、数学の基礎的な考え方であるとか、法則や解法などの活用法をきちんと理解する
ことによって、電験3種で出題される問題に対して余裕を持って取り組めるようになります。

電験3種の参考書を買ってきても、学生時代の頃のように詳しく数学の分野が説明されている
わけではありませんので、更に基礎からやり直そうと思ったら、数学の科目の勉強から復習を
し直す必要が出てきます。

数学だけでなく、小学生の算数からやり直す必要があるという人もいるかもしれません。

あなたの場合はどうですか?

中学・高校時代で数学が大の苦手だったので、いまさら数学の勉強をし直そうと思っても何を
勉強すればいいのかわからない
といった状態になっていませんか?

現実問題として、電験3種の試験範囲の全ての数学の基礎を学生時代からやり直すとなると、
相当量のボリュームがあることから、とてもじゃないが勉強を続けられずに挫折するという
ケースが多いのです。

だからといってコンパクトに振り返ろうとすると、今度は理解度が足りずに勉強にならない
といった問題も出てきます。

できるだけ勉強量は少なく、その上で、しっかりと数学の基礎を理解しようというのは贅沢
すぎると思うかもしれませんが、学生と違って仕事をした上で勉強することから、学習時間
が限られているのが「大人」
です。

とてもじゃないですが、効率を求めるのが贅沢なんて言っていられません。

そこで役立つのが「電験三種試験専用数学基礎講座」です。

このページの先頭へ