【サッカードリブルトレーニング】サッカー上達に最も効果的なのは「ドリブル」

drible

button

サッカーの練習と一口に言っても、さまざまなメニューが有ります。

他のスポーツ競技のように、この練習だけやれば上達できるといったものが存在しないのが
サッカーですから、複数の練習を組み合わせて実力アップをはかっていくのが一般的であり
仕方がない面もあるのでしょう。

しかし、少年サッカーチームの「JSC CHIBA」代表でJFA公認C級コーチの川島和彦さんは
25年間にわたるサッカー指導経験から、最も重要なのは「ドリブル」であると考えます。

パスやシュート、連携プレイといった具合に、他にも重要に思える要素がサッカーに数多く
存在しているのにもかかわらず、どうして川島さんはドリブルが最重要だと考えているので
しょうか?

その答えとして、サッカーボールを「止める・運ぶ・蹴る」といった基本的なテクニックを
全て一つの動作で身につけられるのがドリブルだから
です。

パスやシュートなど、その他の動作では、サッカーボールの基本的な動作を、網羅的に練習
することは不可能です。

ボールを止める練習、ボールを運ぶ練習、ボールを蹴る練習といった具合に、パーツごとに
わけて徹底的に練習してもいいかもしれませんが、基礎から上達するというフェーズでは、
別々に練習するよりも一度にまとめて練習したほうが効率良く上達できるのです。

しかし、川島さんがドリブルの練習を子供たちにさせるときに注意しているポイントが2つ
あるといいます。

  • いつでも誰でも実践できるように「再現性のある」トレーニングをすること
  • 予期せぬ状況でも対応できるように「想像力を鍛える」トレーニングをすること

【詳細を開く】

このページの先頭へ