【中国語マスターの極意】受験勉強ではなく「中国語脳」が上達の秘訣!

chinagok

button

外国語の勉強を「受験勉強」と同じ要領で行っている人が少なくありません。

つまり、試験問題で正解を出すために、重箱の隅まで徹底的に暗記したり、ひたすら大量の
単語や文法を覚えるといった学習法です。

しかし、外国語を使ってコミュニケーションを取るために必要な学習法というのは、試験で
高得点を取るために行う勉強とは質・量ともに全く異なるものだと指摘をするのは松平勝男
さんです。

松平さんは難関資格を短期間のうちに次々と取得するという「資格マニア」でもありますが
現在は勉強法の研究を行い、外国語学習指導の専門家として知られています。

さて、中国語学習で多くの人が陥りやすい罠というのがあると松平さんは指摘します。

それは、「漢字」の存在です。

「全日空」が中国語では「朝から晩まで空席だらけ」という意味なので、意地でも「ANA」
としか呼ばせないようにするといった話を聞いたことがあるかもしれませんが、日本語での
漢字と中国語の漢字は全く別物だと考えないと、中国語をマスターするのが恐ろしいほどに
難しくなります。

日本語の知識を変に中国語に当てはめて理解しようなどと考えると、膨大な無駄が生じます
から、今すぐやめたほうがいいでしょう。

その上で、英語なら「英語脳」と呼ばれるように中国語における「中国語脳」を身につける
ことで、3ヶ月程度の短期間でスムーズに中国語をマスターすることができます。

その具体的な中国語学習方法を、松平さんは「中国語マスターの極意」というマニュアルに
まとめました。

試験勉強のように、ひたすら単語や文法を暗記するのではなく、松平さんが考案した方法を
用いることで、同時に身につけられますから、それほど苦労することなく身につけられるの
ではないでしょうか。

【詳細を開く】

このページの先頭へ