【ソフトボール上達革命】練習量を増やすだけが上達の道ではない!

softrevo

button

ソフトボールで今よりもレベルアップしたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

基礎体力を充実させて、基本動作を正確に行えるように基本練習を徹底して、その上で知識を
増やしたり、高度なプレイに取り組めばいいというのが一般的な答えだと思います。

しかし、チームで最も時間をかけて練習しているのにもかかわらず、ほとんど上達しないので
困っているという人も少なくありません。

あなたもソフトボールの練習に人並み以上に時間をかけて取り組んでいるのに、チームメイト
たちに全く追いつけない
という状態でしょうか。

運動神経やソフトボールに対するセンス、体力差などがハンデとなっているので、練習しても
無駄といった感じで見下されているかもしれないですね。

「邪魔ばかりするから、さっさとやめろ」
などと、悪口や陰口を叩かれているかもしれません。

ひたすら練習をしていれば自然と上達できるという考え方は旧世代の考えもいいところである
と指摘をするのは、東京女子体育短期大学保健体育学科講師でソフトボール部部長兼コーチの
佐藤理恵さんです。

佐藤さんは中国北京で行われたオリンピックの女子ソフトボールの種目で日本代表として出場
していたので、あなたも知っているかもしれません。

佐藤さんは、投手のピッチングは担当外としても、走攻守あわせもった指導でソフトボールの
試合では、常に優勝・準優勝という常勝集団に導くという手腕を発揮しています。

東京女子体育大・短大のソフトボール部は常に優秀な学生をかき集めているから勝てるだけと
いった覚めた意見もありますが、大学からソフトボールをはじめた学生でも上達していること
は忘れてはいけません。

その秘訣として、佐藤さんは3つのポイントをあげています。

  • 身体の使い方を覚える
  • 良い例を理解する
  • うまくいかない時の解決策を知る

【詳細を開く】

このページの先頭へ