【スーパーエリート幼児養成バイブル】0歳からのIQ・HQアップ脳教育

eleteyoj

>>公開は終了しました<<

我が子を天才や秀才にしたいと考える親御さんは少なくありません。
あなたも、そのうちの一人だと思います。

もちろん、親が優秀な遺伝子を持っていなければ子供も優秀にならないといった法則はあり
ませんし、科学的にも一切証明されていませんから誰にでもチャンスがあるといってもいい
でしょう。

それでは、どのようにすれば立派な大人に育つのでしょうか?

幼児期の教育が子どもの成長に大きな影響を与える
と指摘をするのは、人間性脳科学研究所所長で脳科学の研究を行う澤口俊之さんです。

世の中には、何の裏付けもなく、どこの誰が推奨したのかさえ分からないようなデタラメな
教育法が山のように存在しています。

例えば、「叱らない教育」を短絡的に「子供に叱らない子育て」と曲解して、しつけの全く
されないケダモノに育ててしまった親は数多くいますし、幼稚園や保育園、学校などでは、
まわりの親子が迷惑を被っているというケースは山のように存在しています。

これでは天才や秀才に育つどころか、DQN製造機でしかありません。

子どもの教育に関しては後で軌道修正することはできませんから、残念ながら矯正するのは
不可能であり、本人の自覚によって自ら修正するのを待つしかありません。

しかし、すでに幼児教育の段階からスタートしている人々と比べると、大きな出遅れがある
ことは間違いありませんから、後悔しても手遅れなのです。

だからこそ、一生に1回のチャンスしかない幼児教育の段階で、是非とも素晴らしい成果を
出せるようにしたい
と澤口さんは考えました。

澤口さんが重要視したのは「HQ」です。
ヘッドクオーターでもなければ、ハイクオリティでもありません。

HQとは「Humanity Quotient」の略です。
一昔前には、PQ(Potentiality Quotient)と呼ばれていました。

このページの先頭へ