【英語通訳案内士一発合格塾】「2つの条件」がクリアできれば独学で最短合格

egtuyaku

button

英語通訳案内士試験を受験しているけど、全くと言っていいほど合格できないといった状況が
続いていませんか?

これから英語通訳案内士試験を受験しようと思って、いろいろと情報収集をしている段階かも
しれませんね。

英語通訳案内士試験に合格するためには、どうすればいいのでしょうか?

英語力を向上させることが重要だと考えているかもしれませんし、英語通訳案内士試験の出題
傾向を見極めてから対策を練ったほうが合格への近道だと考えているかもしれません。

近畿大学総合社会学部教授の石井隆之さんは言語学から英語教育だけでなく、日本文化と広い
分野の研究活動を行っています。

これまで30年以上にわたって2万名以上の英語指導を行ってきたという石井さんが、英語通訳
案内士の合格のために必要な勉強法
を開発しました。

それが「英語通訳案内士一発合格塾」です。

「塾」とありますが、学習塾のようなイメージではなく、自宅学習向け教材の名称と考えると
混乱しません。

英語通訳案内士試験は筆記形式の1次試験と面接形式の2次試験から構成されていますが、実務
では常に面接試験を受けているようなものだとしても、ペーパーテストと対面での試験では、
必要とされるスキルも異なれば、問われる知識なども異なります。

試験対策本などを見ても概要的なことばかりが書かれてあって、具体性が見えずに困っている
のではないでしょうか。

このような明確としないあやふやな試験対策ではなく、明確に合格に近づいていると自覚する
ことができるようになるのが「英語通訳案内士一発合格塾」です。

しかし、英語通訳案内士一発合格塾に参加するためには2つの条件があります。

  • 英検準1級レベルの実力を持っていること
  • 英検2級以下でも、時間がかかっても真剣に合格を目指せる熱意があること

次回の英語通訳案内士試験で合格しようと思えば英検準1級レベルが最低条件といえます。

TOEIC300~600レベルで英語通訳案内士になりたいと思っているのであれば、
顔を洗って出直して来い
と言うくらいに愚かな話だという自覚が求められます。

私はアホです
と自己紹介しているようなものだと思えば、少しは恥ずかしく感じるでしょう。

【詳細を開く】

このページの先頭へ