【グロービッシュ式ビジネス英会話プログラム】非ネイティブのための英語学習法

globish

button

あなたは「グロービッシュ」(Globish)という言葉を知っていますか?

グロービッシュとは、「グローバル・イングリッシュ」(global English)を略した造語であり
「非ネイティブ」のためにジャン・ポール・ネリエールさんが考案したシンプルでわかりやすい
英語の一種です。

グロービッシュは「幼稚」「下衆」などと揶揄されるきらいもありますが、エリートの世界では
きれいで品のある英語が話せないと人間的にも格下と見られるきらいはあるとしても、日常生活
や仕事で英語を使ってコミュニケーションを取る場合には伝わるほうが重要になります。

将来的には、品のある表現力豊かな英語を話すようになりたいと思っていても、初期の段階では
グロービッシュから取り組むというのは間違いではないのです。

「正しい英語=アメリカやイギリスのネイティブ英語」
といった思い込みにこだわらなければ、世界各地の英語「方言」があることに気づくでしょう。

また、旧イギリスの植民地を中心に英語を「自国の第2言語」だと考える国が多いために母国語
にちかい「英語」になる傾向が見られるのです。

日本グロービッシュ研究所認定トレーナーの山田俊明さんも、かつては英語が全く話せなかった
のにもかかわらず外資系企業で営業マンをしていたという異色の経歴の持ち主です。

その山田さんが日本人向けに特化して、グロービッシュを3ヶ月でビジネスで使えるようにした
英会話教材が「グロービッシュ式ビジネス英会話プログラム」です。

あなたは、ビジネス英会話と日常的な英会話のどちらが難しいと思っていますか?

NHKラジオなどの英語講座の構成を見ればわかるように、ビジネス英会話の方が難しいと思って
いると思います。

しかし、山田さんは、何が話題になるのかわからない日常会話の方が、語句などが決まりきって
いるビジネス英会話よりも難しいと指摘します。

【詳細を開く】

このページの先頭へ