【自信構築プログラム】3時間で身につけられる実戦的な護身術

gosnjutu

>>公開は終了しました<<

ここ最近になって、通り魔に襲われるといった犯罪が増えています。

無言で近寄ってきて、いきなり刃物で刺して大怪我をしたり殺されるといったケースも増加
していますが、レイプや金銭目当ての暴行も増えていますし、キチガイママが近寄ってきて
一人相撲で勝手に切れて襲ってくるといった迷惑なケースも目立つようになってきました。

たちの悪いのが、精神障害者のケースです。

警察が仕事をしませんから、仮に精神障害者に殺されたとしても犯罪に問えないという人権
配慮の姿勢が徹底されていますから無罪になりますし、民事でも責任能力が問えないとして
損害賠償なども1円もないといったケースが大半です。

加害者を精神病院に措置入院させて、世間から隔離できれば上出来といった程度でしょう。

犯罪を堂々を犯しても平気でいるような知的障害者の親というのも、キチママ・キチパパ化
していることが珍しくありませんから、全く話が通じません。

このため、「我が身は自分で守るしかない」という古典的な基本に立ち返るしかないという
のが21世紀の現実と聞くと恐ろしくさえなりますが、あなたも生き残りたければ自分で我が
身を守れるようになっておくことが最低条件です。

格好いいとか、我が身を守るためにバタフライナイフなどの殺傷力の高い刃物を常備すると
いうのは若者を中心に増えていますが、単に持っているだけでは意味がありません。

護身術というと簡単なものだと全く役立たないし、しっかりと身につけるためには格闘技を
極めるぐらいの厳しい練習が必要というのが一般的な認識です。

しかし、運動オンチで格闘技のセンスが全くなくても、3時間あればマスターできる効果の
ある「護身術」
をあなたも身につけたくありませんか?

それが「自信構築プログラム」です。

このページの先頭へ