【ソフトボール攻撃力アップコース】攻撃と走塁で1点でも多く取れるチームに!

skougeki

button

ソフトボールの試合で勝とうと思えば、失点を減らすことが重要なことは間違いありません。
相手チームの攻撃を0点に抑えれば、最悪でも引き分けに持ち込めるからです。

しかし、いくら0点に抑えたとしても、攻撃で1点も取れなければ勝つことは出来ません。

全ての試合が「0-0」で終わることはありえませんから、失点以上に得点できるチームになる
ためには攻撃力のアップも必要不可欠です。

攻撃力アップというと、ヒットを量産したり、ホームランなどで相手チームのピッチャーを打ち
崩すといったイメージがありますが、4番バッターだけを集めたチームが有効に機能しないのと
同じように、打撃だけを追い求めてもうまくいきません。

もちろん、ほとんど打てない貧打打線というのは論外ですが、長距離砲やホームランバッターを
量産するのが打撃力アップだと思っているのであれば大間違いです。

やはり、チーム単位で見れば特色や違いが出るにしても、走攻守だけでなく打撃でもバランスが
とれていないと試合で勝つのは難しいものです。

また、多くの人が見落としがちな盲点としてあげられるのが「走塁」です。

目立つ活躍は少ないにしても、走塁ができるとできないのとでは大きな違いがあることはあなた
も知っている事実ではないでしょうか。

しかし、走塁と言っても、足が速くなければ意味が無いといった「旧世代の常識」では不十分と
言わざるを得ません。

そこで、1979年からソフトボール指導で数々の功績を残してきたという故藤原初男さんと強豪
チームとして知られる須磨ノ浦女子高校ソフトボール部元監督で、現在は部長の才野眞さんが
行っているソフトボール指導理論を一つの動画マニュアルにまとめました。

それが「ソフトボール攻撃力アップコース」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ