トライアスロンで完走できるカラダ作りトレーニング&コンディショニング

tritrain

>>公開は終了しました<<

トライアスロンは、水泳・自転車・マラソンがセットになった競技だから、プールで泳いで、
陸上では自転車やマラソンの練習を行えば十分だと思っていませんか?

スタミナを付けるために基礎体力を向上させれば完璧だと思っているかもしれません。

しかし、すべての種目の練習を行いたくても、とうてい時間が足りませんし、基礎体力を充実
させるといっても、今の練習メニューで完璧かと言われると自信がないと思います。

あなたの現在の練習メニューは、いろいろと情報収集をして編み出した自己流ではありません
か?

選手人口が少ない競技ですから、指導者自体も少ないために、ひたすら試行錯誤を続けている
状態かもしれません。

トライアスロンの指導者に作成してもらった練習メニューに取り組んでいるかもしれませんが
十分な練習効果が得られているか検証したことはありますか?

脚や腕の筋肉を鍛えて持久力を高めれば、トライアスリートに求められる強靭な肉体になると
思っているのであれば大間違い
と指摘をするのはプロトライアスリートの平松弘道さんです。

練習メニューの内容に問題があると、時間をかけてトレーニングに取り組んでも成果が出ない
ことは決して珍しくありませんし、体を痛めるだけの結果に終わりかねません。

たくさん練習した
という自己満足しか得られないというのは悲しいものですし、トライアスロンの大会に出場を
しても、全く思い通りの動きができずに途中でリタイアしたり、目標タイムに全く届かないと
いった結果にショックを受けるわけです。

それでは、普段の練習において、どのようなことをすればいいのでしょうか?

このページの先頭へ