【飛ばしの要諦】ゴルフの飛距離アップに筋トレは必須ではない!

tobasiyt

button

飛距離が出ない
もっと遠くまで飛ばしたい

と悩んでいるアマチュアゴルファーは少なくありません。
あなたも、その中の一人ではないでしょうか。

もちろん、飛距離を伸ばそうとするばかりにノーコンになってしまうのは論外だとしても、
遠くまで飛ばせる実力があってコースに合わせて飛距離を調整できるのと、元々飛ばせない
ので手前で刻んでいくゴルフしかできないというのでは、戦略も大きく変わってきます。

コースでラウンドを行うにあたっては持てる武器は多いほうがいいわけですから、遠くまで
ボールを飛ばせる実力がある方が有利に進めることが出来ます。

しかし、ゴルフで遠くまでボールを飛ばそうと思えば、腕力・筋力がなければ話にならない
と考えていませんか?

筋力はないよりは有ったほうがいいことはいうまでもありませんが、必ずしも必要ではない
と指摘をするのは、ゴルフ工房クラフトマンの倉木真二さんです。

いったい、どういうことなのでしょうか?

ヘッドスピードをボールに伝える段階でのロスが多いと、どれだけ筋力を鍛えても空回りを
するばかりで意味が無いのです。

まずは、効率的なインパクトができているかどうかをチェックする必要があります。

といっても、「本物の効率の良いインパクト」ができているアマチュアゴルファーは皆無に
近い状態であり、あなたのスイングにも大いにムダが隠れていることは間違いありません。

本物の効率の良いインパクトができれば、インパクトの感触が全くと言っていいほど変わる
ことが実感できるのではないでしょうか。

本物の効率の良いインパクトを身につけるのに時間はかかりませんから、早ければ1時間も
あれば、数十ヤードは今よりも飛距離が伸ばせます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ