【初めてWeb大全】ウェブデザイン技能検定3級実技試験に合格できる!

hajiweb

>>公開は終了しました<<

ウェブデザイン技能検定は、ウェブ業界で唯一の国家資格である「ウェブデザイン技能士」に
なるために受験する資格試験ですが、医師や看護師、弁護士などのように有資格者しか業務に
つけないというものではありません。

無資格者であっても業務に携わることはできますし、実業務においては有資格者と無資格者が
差別されることもありません。(一時金や資格手当などで差をつける企業は存在します)

あくまでも保有スキルを形にするために受験するようなものですから、IT土方の世界において
このような屁の突っ張りにもならないような資格取得を目指して「遊んでいる」暇があったら
仕事を増やされるというのが実情です。

むしろ、IT企業の求人に応募をする時に資格欄に書く項目のひとつとして活用したり、フリー
デザイナーなどが仕事を求めて営業活動を行う際に役立つという程度の話ですが、業務経歴が
ない異業種からWebデザインの世界に参入しようと考えている場合には役立つこともある
かも
しれません。

なお、3級ウェブデザイン技能士の合格率は約60%と、それほど難しい資格ではありません。

もちろん、ウェブデザイン技能検定の試験対策をしたからといって実務で役立つWebデザイン
が行えるようになるわけではありません。

実務レベルのWebデザインができるようになるためには、業務の流れというのも理解しておく
必要がありますし、ツールを使って自ら作れるようになる必要が有ることは説明するまでも
ないでしょう。

そこで、全くの未経験者でも効率良く学習できる「初めてWeb大全」が役立ちます。

このページの先頭へ