【骨格ゴルフ】効率的に最大限の効果を出せる「体の使い方」がわかる!

kokkaku

button

あなたはコースに出て調子が悪い日でも自己修正をすることで、悪いなりにスコアをまとめる
ことはできますか?

スコアがいったん崩れたら、修正できずに、最後までガタガタな状態のままで終わってしまう
というタイプでしょうか。

練習ではナイスショットが連発できたとしてもコースに出ると成績が安定しないという悩みを
抱えているかもしれませんね。

スキルよりもマインドに問題があるからだと思ってメンタルトレーニングを行ったり、コース
戦略を考えて取り組んでみても、なかなかスコアアップに繋がらないというケースも多いもの
です。

しっかりとしたマインドを持っていたとしても、スキルがなければスイング自体も安定しない
わけですから、精神力だけではスコアアップは難しいのではないでしょうか。

その一方、自己流で、さまざまなゴルフ理論を寄せ集めてきたような技術というのは、基本が
ぐらついていることが珍しくありませんので、自信を持ってスイングすることが出来なくなり
あっという間に崩壊する
ことも珍しくありません。

「何とか対策」といった小手先の対応ばかりを繰り返していると、スキル面では不安定になる
ばかりです。

基礎から土台がしっかりとしているゴルフ理論を身に付けることが、安定したスコアをキープ
するためには欠かせないのです。

そこで、ティーチングプロの岸副哲也さんが提唱しているのが
「骨からの動き」です。

しかし、これだけだと意味が分からないかもしれませんね。

骨のレベルから身体の動かし方を身に付けることで、体の動きが安定してスイングが乱れなく
なるのです。

また、自分の体の使い方を骨から分かっていることから、調子が悪い時でも自己修正して元の
スイングに戻せるようになることから、緊張で身体が固まりやすいなどといったマインド面に
大きな問題を抱えていたとしても、自然と冷静に対応できるようになるわけです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ