【国立大附属小学校受験対策書】来年以降も使い続けられる3ヶ月在宅学習法

koku-sho

>>公開は終了しました<<

あなたのお子さんを国立大学附属小学校に入学させたいと考えていませんか?

私立小学校とは異なり、授業料や各種手数料などは一般的な公立小学校と同様に低額である
にもかかわらず児童の知的レベルや精神的習熟度が高いことから、高度な教育が受けられる
だけでなく、不良や学級崩壊など公立小学校で発生している問題が少ないことも安心材料と
言えるでしょう。

自宅近くの公立小学校と比べると、国立大学附属小学校は通学時間が長くなる傾向があると
しても、あなたの転勤などで遠方に引っ越す際に私立小学校では退学せざるをえないケース
が多い一方で、国立大学付属小学校では、その地域で通える範囲にある国立大学付属小学校
に転校できるというのがメリットです。

国立の教育大学付属小学校というのは各都道府県の県庁所在地などに1箇所以上はあります
から、離島や僻地に異動ということでもなければ転勤後に通わせられなくなるといった心配
はないでしょう。

しかし、国立大学附属小学校にメリットが多い分だけ入試の競争倍率も高く、抽選で合否が
決まる場合もあるように、泣くに泣けないケースもあるわけです。

抽選は文字通り幸運・不運で決まりますから、事前の対策の取りようがないとしても、行動
観察や親子面接など小学校入試で行われる独特な試験対策は幼児教室やお受験塾に通わなく
ても自宅で十分行える
というのは深田左近さんです。

国立大学附属小学校入試では、ペーパーテストよりも行動観察や親子面接の結果を重視する
傾向がありますが、3ヶ月間、自宅でトレーニングを行えば、合格レベルに到達することは
可能だと、深田さんは過去の実績を踏まえて説明しています。

このページの先頭へ