【いきなり上手に描ける水彩画講座】美術センスがマイナスでも問題なし!

suisaiga

button

あなたは絵を描くのが「芸術的」に下手糞ですか?
それとも、人並みのレベルには描けるが、更なるレベルアップを求めていますか?

特に絵画を描くのが下手な人にとっては、芸術的なセンスや才能がないと絵を上手に描けない
と思える傾向がありますし、過去に努力しても全く上達できなかったというトラウマがあれば
なおさら強く感じる
のではないでしょうか。

水彩画の場合には、前段階のデッサンの時点で適切に描くことが出来ずに作画自体が崩壊して
いるケースも多いですが、その上で、筆の使い方がわからないのでベタ塗りになったり、塗り
漏れが出来るといった具合に、全く思い通りの仕上がりにならずに他人に見せられない作品に
仕上がった
ものと思います。

絵画教室などに通っても、描き方に正解はないのであなたのセンス次第などと言われて放置を
されたり、水彩画の絵の具や筆の使い方といったものを学んでも身につかなかったのではない
でしょうか。

指導力の低い指導者が、あなたの学習意欲が低いから上達できないなどと決めつけるケースも
学校教育などでは珍しくありませんから、ますます悪循環に陥るものです。

しかし、画家の上西竜二さんは、あなたがデッサンがうまくできずに下書きの時点で崩壊状態
といった悲惨な状況でも、苦痛を感じることなく美しい水彩画を完成させることは可能
である
といいます。

そんなことはありえない話だ
と、すぐに言い返したくなるとは思いますが、「色塗りからスタートする」という、一見して
明らかにおかしな工程からスタートすることで、芸術的なセンスや知識、スキルが乏しくても
水彩画を描けるようになると上西さんは言います。

これだけだと全く意味がわかりませんが、どういうことなのでしょうか?

【詳細を開く】

このページの先頭へ