【サッカー・フットサル基礎トレーニング】上達の秘訣は足裏に隠されていた!

futsul

button

フットサル経験を持つサッカー選手が増えています。

フットサルはサッカーのミニチュア版といったイメージを持っているかもしれませんが、フット
サルは独自の進化を遂げている点を見逃していると言わざるを得ません。

というのも、フットサルで身につけたスキルやテクニックが、サッカーの高度化に大いに役立つ
からです。

例えば、フットサルで一般的に行われている足裏でボールをコントロールするという動きがあり
ますが、サッカーでも非常に高い効果が得られることが明らかになっています。

サッカーしか経験していないとドリブルでボールを止めようとする傾向があることから、足裏で
ボールを止める場合と比べて時間がかかる上にボールが余分に転がってしまって、相手チームに
ボールを奪われる危険が増加するといった問題点があります。

最近ではドリブルからでもボールを止める時に足裏を有効活用するようになりましたが、フット
サルでは従来から当たり前のように行われていました。

また、足の裏の感覚だけでボールの動きを感じることができるために、ボールを見なくても顔を
あげて、まわりを見ることで状況を把握しながらドリブルできるというメリットも足裏には隠さ
れています。

サッカー指導者の中には、小さい頃はサッカーよりもフットサルに特化したほうがいいのではと
いった意見を出す人もいるぐらいです。

しかし、サッカーとフットサルは、ラグビーとアメフトと同様に、一見すると似ているようでも
全く異なるスポーツといいほどに大きな違いが有ります。

このため、サッカーで使えるフットサル技術の練習法を知っている人というのは極めて限られて
いるのが現実
です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ