【内野守備・上達革命】野球で10割を狙えるのは「守備」だけ!

naiya

button

野球で100%を狙えるものというと、どのようなことを思い浮かべますか?

打率10割や防御率0.00というのは、1試合だけであれば可能かもしれませんが、リーグ戦や
ペナントを通じて達成するのは不可能です。

日本シリーズで田中マーが先発の試合で巨人打線は打ち勝ちましたし、ワールドシリーズで
上原が抑えに入ったのにもかかわらず負けたゲームもあるわけです。

実力だけでなく、運・不運に左右されることも少なくないのが野球ですから、なかなか思い
通りに物事は動かないものですが、安定的に実力を発揮できる分野はいくつか存在します。

その分野というのは、走塁であったり、守備です。

今日は運が悪かったから足が遅くなるという事もありませんし、守備というのも不運なミス
で大崩れするといった光景は珍しく、実力通りの結果になることが大半です。

あなたが守備をしていてミスが多いというのであれば、運が悪いとか素質がないという以前
に、練習が不十分な場合がほとんどです。

それでは、練習を熱心に続けていれば内野守備が上達できるのかといえば、必ずしも正しい
とはいえません。

練習内容によっては、どれだけ熱心に取り組んでも上達しない場合があるからです。

効率良く内野守備を上達したいと思っているのであれば、練習時間だけが重要なのではなく
練習メニューにも気を配る必要があります。

そこで、元プロ野球選手で、引退後は西武と楽天で内野守備走塁コーチを合計11年間務めた
経験を持つ清家政和さんが、ミスをしない10割の「鉄壁の内野守備」を行うための練習法を
独自のDVD動画マニュアルにまとめました。

それが「内野守備・上達革命」です。

現在は「プロスポーツ研究室」の室長として野球指導や研究を行う日々を送っているという
清家さんですが、「3つのこと」ができるようになればエラーが激減するといいます。

その3つとは、

【詳細を開く】

このページの先頭へ