【超雑談術「鈴木式」】雑談向けの話題を必死になって探してもムダ!

zatudan

button

あなたは、以下のような状態になっていませんか?

  • 仕事や共通の話題がある相手とは、その話をしていれば雑談になる
  • 初対面の人や偶然あった相手とは話のネタがなく沈黙がちになる

特に初対面の人とは雑談をしても盛り上がらず、ついつい沈黙がちになってしまい、気まずい
雰囲気に陥っている
のではないでしょうか?

日頃から話題の種を見つけて仕入れて話しているのに、相手の反応は乏しく会話も盛り上がら
ないので、散々空回りした挙句、結局は沈黙せざるをえなくなったという経験を何度もしたか
もしれません。

また、話下手だから聞き上手に徹すればいいと考えて、相手の話を聴き続けようとし思っても
相手が適当に会話を切り上げて、その後の対応に困ってしまったのではありませんか?

あなたを含めた、雑談などのコミュニケーションで悩んでいる人の多くは、「会話」に関する
間違った知識や誤解のために沈黙が起こって雑談が盛り上がらなくなっていることに気づいて
いない
のです。

会話というのは、わざわざ学ばなくても歩行などと同様に自然と身につけられるという風潮
ありますし、実際にコミュ障や会話下手な人でなければ自然に上達していきますから、普通に
生活している人から見れば、口下手などは全く理解されないし理解することもできません。

雑談が上手く出来ない人が、会話マスターに相談したところで全く相手にされないというのは
元々得意だったので苦手という事自体が信じられない上に、どうすれば改善できるのかなんて
無意識のうちに身につけたので全く説明することができないのが理由です。

心理カウンセラーの鈴木雅幸さんは口下手や会話下手に悩む多くの人たちのカウンセリングを
受けてきたといいますが、その時に行ったアドバイスは、

「たった一つのこと」に気を付けて、
相手に「ある言葉」を投げかける

という実にシンプルな内容です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ