【ケアマネ合格桜咲く】介護支援専門員試験に合格するための学習法

careman

button

ケアマネ試験の合格率が低下し続けていることは、あなたも既に知っているでしょう。

一部では余剰感さえ感じられる状況にあるケアマネージャーですから、ケアマネ試験初期の
頃のように質より数を増やすことが最優先だった時代とは異なり、ケアマネージャーの質を
重視する傾向に切り替わったということです。

ケアマネとして仕事をするのに必要な「介護支援専門員証」が5年毎の更新に切り替わった
ことから、合格者の資格自体は死ぬまで剥奪されることはないとしても、低品質なケアマネ
を排除しようとする傾向にあるようです。

とはいえ、介護支援専門員証の更新時に受講する研修では試験はありませんから、失格者が
でるわけでもなく、受講するだけで更新されるというのは抜け穴と言えますし、その内容も
実務に役立たないものばかりで時間の無駄というのが、もっぱらの評判です。

ケアマネ試験に試験マニアが合格しても、わからない・理解していないケアマネを淘汰する
仕組みがないというのが、最大の欠陥だと言わざるを得ません。

司法試験のように論述問題がいっさいありませんから、資格マニアであれば暗記するだけで
解ける問題が多くあり、簡単に合格レベルに到達できるでしょう。

実務経験が受験資格にあったとしても、老人ホームで虐待するようなヘルパーでも年数条件
をクリアすればケアマネ試験を受験できるのは欠陥としか言いようがありません。

話がそれました。

ケアマネ試験を受験しようと考える人の大半は資格マニアでもなければ、難関資格に合格を
したという経験もないと思います。

ブラック企業化している施設などで休みもなく働き詰めで疲れ果てている中で、更に勉強を
しなければいけないという、「お疲れさま」な状態に陥っているケースがほとんどだと思い
ますので、短時間で効率良く勉強して合格したいというのが本音でしょう。

受験資格と当座の生活資金を得たので今の職場をやめて、ケアマネ試験だけに集中したいと
いう人もいるかもしれません。

そこで役立つのが「ケアマネ合格桜咲く」です。

介護支援専門員の中島貫行さんが、多くのケアマネ受験生を見てきた経験から効率的な学習
方法をマニュアルにまとめました。

【詳細を開く】

このページの先頭へ