【河合流TYPテニス大会優勝プログラム】運動音痴でも3ヶ月でシングルスの試合で勝てる!

typ

>>公開は終了しました<<

テニスの試合においては、ダブルスとシングルスでは全くと言っていいほど異なります。

ダブルスは選手の実力だけでなくゲームに対する戦術や戦略が勝敗に大きな影響を与えますが
シングルスの試合では選手の実力差がゲーム結果に直結することが一般的です。

つまり、シングルスの試合で勝とうと思えば、対戦相手よりも実力が上回らない限りは、勝つ
のは非常に難しい
というのが実情です。

あなたが運動音痴でテニスのプレイでミスを連発しているといった状況では、とうてい試合で
勝利をすることは不可能です。

しかし、基礎が重要だからと言っても、体力作りと基本練習を繰り返しているだけと言うので
は、なかなか上達することは出来ません。

また、身体能力や運動神経が優れていて、テニスに対するセンスが優れていなければ上達する
ことができないわけでもありません。

試合で勝つための準備を間違わなければ、
勝利は自然とやってくる

というのは、日本ランカー&スクール校長の河合幸治さんです。

河合さんはテニス指導者としてだけでなく、かつては全日本ランキング最高124位という実績
を持つテニスプレイヤーとしても活躍していました。

時間をかけて熱心に練習を続けていても上達しないというのであれば、あなたの才能なセンス
のなさを嘆くよりも、「上達できない」練習メニューに欠陥があるのではないかと疑った方が
いい
と河合さんは指摘します。

もちろん、プロテニスプレイヤーが実践しているような高度なテクニックをマスターしようと
思って練習をしているのであれば、

「身の程知らずもいいかげんにしろ」

と説教されても仕方がありませんが、実際には、このような練習を行っている人が意外に多い
ものです。

実は、試合中の心構えを少し変えてみるだけでも、あなたの筋力が今とほとんど同じだったと
しても、あなた自身が驚くような試合ができると言われたら驚くのではありませんか?

このページの先頭へ