【ヒップホップダンス指導革命】未経験者でもストリートダンスを効率良く教えられる

hiphop

>>公開は終了しました<<

ヒップホップダンスやストリートダンスは不良文化から生まれたものだから、身に付けること
自体が汚らわしい
などと考える人も少なくありません。

ヒップホップダンスがスラム街のストリートから生まれて、反社会的で反政府的な意味合いが
含まれているという経緯はあるとしても、現代のストリートダンスやヒップホップダンスでは
ダンスとして体系化されていることもあって、即座に反社会的になるといった考え方は早計と
言えるでしょう。

日本でも過激派やプロ市民の中にラッパーやダンサーがいることは知られていますが、ヒップ
ホップをしているから売国奴などと決め付けるのは、全くおかしな話です。

視野が狭いとしか言いようがありません。

最初から話がずれてしまいましたが、義務教育でもヒップホップダンスやストリートダンスが
カリキュラムに採用された
ことで、体育教師などを中心に頭を抱えている状態だということは
あなたも聞いたことがあるかもしれません。

教える側が頭を抱えているという状況ですから、学校の練習だけで十分にヒップホップダンス
が上達できないことは言うまでもないでしょう。

だから、あなたのお子さんが自宅でも練習してヒップホップを上達しようと思った時に、指導
することはできますか?

考えるまでもなく、即座に「無理」と答えるのではないでしょうか。

プロのダンサーから学べばいいと考えてダンス教室に通わせるのも、時間的、経済的に難しい
と思います。

そこで、未経験者がヒップホップダンスを効果的に指導できるようになろうと思ったら、動画
のヒップホップ講座を見せておけばいいと考えたかもしれません。

しかし、ヒップホップ講座の内容によっては全く役に立たないケースも多いのです。

このページの先頭へ