【Hapaトラベル英会話】1日30分で2倍速でトラベル英語をマスター!

hapaeng

button

旅行で使う英語というのは、一般的に言われているように英語の文章を丸暗記したり、単語を
つなぎ合わせてジェスチャーすればいいといった甘い考えは通用しません。

飲食店で注文をしようにも、店員に声をかけても無視されたり、メニューを指差したり身振り
手振りでコミュニケーションを取っても相手にされなかったという経験はありませんか?

電話やドライブスルーなどのように声だけでコミュニケーションを取る場合には、まったくと
言っていいほど通用しなかった
と思います。

旅行中での英会話といえば、あらかじめ何を聞かれてどのように答えればいいかといった会話
の流れは完全な雑談と比べたら予想しやすいわけですが、録音した音声が繰り返し流れるわけ
ではありませんから、マニュアル通りに接客を受けても人によって違いは出るわけです。

その上、あなたの発音が悪ければ、外国人の話す日本語が全く理解できない時があるように、
相手もあなたの言っていることが全くわかりませんから、結局は罵倒されるか無視されるなど
といった結果になります。

アメリカの一部の州など、場所によっては「不審者」扱いされた後に、銃撃されて即死という
ケースもありますし、そういった地域では不審者を射殺するのは合法ですから人を殺したから
といって裁判などに掛けられることもなく終わることも珍しくありません。

観光だから英語の文章を丸暗記しておけばいいといった考えでは、現地で大いに困惑する結果
に終わります。

やはり、英語でコミュニケーションが出来るレベルになっておく必要があるわけです。

そこで、ロセンザルスにある英語スクール「BYB English Center」で講師を務めるセニサック
さんが、日本人のリスニング力と英会話力を飛躍的に上達させる独自メソッドを用いた教材
を作成しました。

それが「Hapaトラベル英会話」です。

これまでに2800名以上の日本人がネイティブに通じる本物の英語を身につけた実績を元に作成
しています。

【詳細を開く】

このページの先頭へ