【試験に受かる論理力を身につける方法】1日30分で1ヶ月間で段違いにレベルアップ!

ronri

button

あなたは論理力は強いほうですか?
そもそも、「論理力」自体がわからないといった状態でしょうか。

しかし、辞書で調べても「論理力」といった言葉は見つかりません。
「論理」という単語から推測するしかないといった状況です。

論理力の意味とすれば、考えや議論などを進めていく能力があるかどうかといったところになる
と思います。

論理力はないよりはあったほうがいいだろうけど、なくても困ることはないといったところかも
しれませんね。

論理力がなくても日常生活で困っていなければ全く必要ないと考えるのも当然でしょう。

しかし、あなたが気づいていないだけで論理力が求められるシーンというのは数多くあります。
その代表的なのが、直感だけで判断できないケースです。

信号が赤だから止まる、青だから動くといった程度であれば論理力がなくても判断できるのでは
ないでしょうか。

その一方、自分の意見をまとめて文章にするといった問題は、受験や資格試験にかかわらず出題
されますし、センター試験などのようにマークシートだけで解答する試験でも、正解を導き出す
ためには直感だけでは答えられないケースも少なくありません。

いろいろと考えを組み立てていって判断しないと答えられない問題が多いからです。

そこで必要になるのが「論理力」なのです。

しかし、論理力を鍛えたくても何をすればいいのか分からないのではないでしょうか?

あなたも論理力を鍛える方法を学校で学んだ経験はないでしょうし、試験の勉強法といった類は
数多くあっても、論理力を鍛えるといった切り口の教材は皆無に近い状況です。

ロジカルシンキング(論理的思考力)というのは論理力に比較的近いのですが、テクニック中心
で論理力を直接的に鍛える内容になっていないことが多いのが問題です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ