【マインドマップ資格試験勉強法】1週間でマスター!効率良く勉強できる!

mindmaps

button

あなたは「マインドマップ」を知っていますか?
中央から放射線状にアメーバのように枝葉が伸びていく図のことです。

具体例は割愛しますが、マインドマップで検索してみれば山のように見つかりますので簡単に
イメージはつかめると思います。

手書きで作成する人が多いですが、マインドマップを簡単に作成できるパソコンソフトも販売
されています。

マインドマップを使うことで、頭の中のアイディアや知識を整理できるというメリットが有り
ますが、マインドマップの作成作業を通じて、記憶力や理解力、集中力や創造的思考力、問題
解決力といった能力が鍛えられることも明らかになっています。

そこで、マインドマップを作成して能力を向上させるだけでなく、効率良く勉強をするための
ツールとしても活用しようというのが「マインドマップ資格試験勉強法」です。

マインドマップを活用すれば効率良く勉強できることは、あなたも想像ができるのではないで
しょうか。

しかし、今までにマインドマップを活用した資格試験勉強法を実践したことはありますか?
一度もないのではないでしょうか。

マインドマップを書いた経験もないといった人も少なくないでしょう。
あなたの場合はどうですか?

マインドマップの書き方から勉強していると、実際にあなたが受けたいと思っている資格試験
の勉強が疎かになることを心配しているかもしれません。

何度かマインドマップを書いていれば自然と慣れてくるだろうと見切り発車で始めてしまうと
次から次へと問題が出てきて、結局は使いものにならないといった誤った判断をするおそれも
あります。

やはり、資格試験向けに最適なマインドマップの実践方法を知っておく必要があるわけです。

そこで、マインドマップを考案したトニーブザン公認マインドマップインストラクターである
萩原京二さんと近藤哲生さんが作成した「マインドマップ資格試験勉強法」が役立ちます。

1週間で全てマスターできるからです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ