有名私立小学校願書向け模範例文と面接想定回答集で合格!

juken

>>公開は終了しました<<

小学校受験に失敗すると、(国立小学校ではない)公立小学校に6年間通い続ける「義務」が
生じます。

あなたも知っているように、公立小学校に通ってくる小学生は学力レベルに大きなばらつきが
ありますし、まともな躾も受けてない問題児もいれば、教師の指導力にも問題のあるケースが
少なくありません。

暴力やわいせつ行為を行う教師だけでなく、指導力が無いために学級崩壊が生じるなど、学習
環境としては全く不適切なケースに当てはまらないとは限らないのです。

また、組合活動を指導よりも優先する教師がいるために、偏った思想を押し付けられる学校も
ありますが、そのような小学校からは、引っ越ししない限りは逃れることは出来ません。

このような、我が子を不良化させるのに十分な条件を満たす状況で、まともに育つかどうかは
確率論の世界だけで決まるのが公立小学校
です。

学力だけであれば、学校教育だけでは不十分ですから学習塾に通わせれば補充できるとしても
生活態度などは、小学校という集団自体が腐っていてはどうしようもありません。

小学校受験には「浪人」はありえませんから、公立小学校に通わせたくないのであれば、合格
するしか選択肢はないのです。

小学校入試では、ペーパーテストよりも、実技試験や行動観察、面接のほうが重視されます。

また、申込時の願書や入学志望なども、就職や転職時の書類選考並に念入りにチェックされる
ことも珍しくありませんから、決して手抜きはできません。

株式会社「物書き屋」の平野栄さんは、これまでに1200名を超える親御さんから志望する私立
小学校の入学願書や志望動機書の作成、面接での想定回答集作成を請け負ってきたといいます
が、やはり個人によって内容は大きく変わるものだといいます。

しかし、志望する私立小学校ごとに共通点が見られることも事実です。

そこで、過去の依頼をデータベース化して、入学願書や志望動機書の模範例文と、面接の応対
をまとめた面接想定回答集に関するマニュアルを作成
しました。

全国の有名私立小学校14校の模範例文と、6校の面接想定回答集がセットになっています。

依頼者のプライバシーに影響がない範囲で詳細に解説していますので、受験前に大いに参考に
なることは間違いありません。

このページの先頭へ